結露について パート1



今回は、結露についてのお話です。冬期間に悩ませられた方は多かったんではないでしょうか?

当店でも工事とは別に、結露関係のお悩みでお電話下さる方が大変多いです。

北海道に住む私たちにとっては、まさに『暮らしの大敵です』(笑)

結露については、私担当の回に、3回かに分けて『疑問・事例・対策』を取上げ

たいと思います。もう既にネットや本で調べられている方も多いと思います。

ここでは、もっと簡単にご理解できるようにご説明していきたいと思います。

「結露イメージ画像」
結露イメージ画像

お金をかけてリフォームをして結露抑止するのもよし、お金をかけずに生活スタイル

・住まい方を工夫して結露抑制するのもよしだと思います。それにはまず、『結露って何?』

このことをよく理解することから始めて下さい。

空気中に含まれる湿気(水蒸気)の量は、気温によって変わります。温度が高いとより多くの

水蒸気を含むことが出来ます。逆に温度が低いと少しの水蒸気しか含むことができません。

よく耳にする湿度を簡単に言うと、現在の空気がどれくらいの水蒸気を含んでいるかを%であらわした

ものが湿度です。空気中に含まれる水分の量が同じでも、温度が上がれば湿度は下がり、温度が下がれば

湿度は上がります。暖かい空気が冷やされ、空気中に含めなかった水分が近くの温度の低い物の表面

に水滴となって付着するのが結露です。一番わかりやすいのは硝子の部分です。冬に暖房すると

硝子は熱伝導がいい為、屋外の寒い温度に冷やされて、屋内で最も温度が低い部分になります。

そこで急に冷やされて空気中に含めなかった水分が、液体に代わり結露となります。

次回は、結露の種類・事例のお話をあげたいと思います。

網走地区 担当 高橋

住まいに関することなら、何でもご相談にのれると思います。
迷っているなら、まずはお電話を!

ダイゼンリフォーム北見店    TEL.0157-36-3355 FAX.0157-36-7440
ダイゼンリフォーム札幌店    TEL.011-623-1331 FAX.011-623-1330
ダイゼンリフォーム網走店    TEL.0152-61-2155 FAX.0152-61-2166
ダイゼン不動産         TEL.0157-36-3271 FAX.0157-36-7440
(株)大島不動産鑑定 北見支社 TEL.0157-36-3271 FAX.0157-36-7440

「お問い合わせ」はこちらをクリック!

————————————————————————————-  
「土地や建物を売りたい・買いたい」の不動産のことから、
  「ちょっとした補修から住宅リノベーション」の住宅リフォーム・新築まで。
  また、中古住宅の「建物状況調査」やフラット35・中古の「適合証明書」の発行、
  不動産の公的評価が必要な場合の「不動産鑑定評価書」の発行まで、対応できます!
————————————————————————————-

※業務案内
Ⅰリフォーム
1 水廻り
2 室内内装
3 屋根、外壁
4 窓、断熱
5 外構(外廻り)
6 リノベーション
7 マンションリフォーム
8 その他
Ⅱ不動産
Ⅲ建物調査
Ⅳ新築工事
Ⅴ住まいの困りごと
Ⅵお知らせ
Ⅶその他