結露について パート2



前回は結露って何?というお話をさせて頂きました。今回は結露の種類についてお話したいと思います。

結露には、大きく分けて『表面結露』『内部結露』があります。前回の結露が目に見えてわかる表面結露です。

内部結露もメカニズムは、大きくかわりありません。お部屋の暖かい空気が壁内に侵入します。温度が

低い方に流れる性質から、冬は屋内から屋外へ、また逆に夏は屋外から屋内へと移動します。この時

壁内に発生するのが内部結露です。お家の中には、特に結露やカビが発生しやすい場所があります。それは

北側に面した場所や隣の建物等で太陽の当たることが少ない箇所に面したお部屋です。

外壁温度が比較的一日中低く、その冷えた外壁と暖めた室温との差が大きくなることで結露が発生

しやすくなります。その箇所に押入れ・タンスを置いていると、さらに結露やカビが発生

しやすくなります。この部屋は何ともないのに、こっちの部屋はカビやすい・湿気っぽいなど心当たり

はありませんか?全てそれが原因とは言えませんが要因の一つです。

「結露イメージ画像」
結露イメージ画像

それでよくこの2つを抑制する為に、窓を複層硝子に交換したり、壁の断熱工事(壁の中に低温

部分を作らなくする為)・換気工事といったリフォームがあります。

工事をすれば結露は、必ず抑制できます。ただ結露が厄介なのは『生活結露』なるちょっと子憎たらし

い奴がいることです(笑)人の生活によって起こる結露です。(室内での洗濯物・炊事・入浴などなど)

この子憎ちゃん(水蒸気)は、自由に温度の低い方へ方へと住みかを見つけ移動します。その場所

にタンス裏なるご馳走があればさらに居座ります。次回は事例・対策を上げたいと思います。

  

網走地区 担当 高橋 

住まいに関することなら、何でもご相談にのれると思います。
迷っているなら、まずはお電話を!

ダイゼンリフォーム北見店    TEL.0157-36-3355 FAX.0157-36-7440
ダイゼンリフォーム札幌店    TEL.011-623-1331 FAX.011-623-1330
ダイゼンリフォーム網走店    TEL.0152-61-2155 FAX.0152-61-2166
ダイゼン不動産         TEL.0157-36-3271 FAX.0157-36-7440
(株)大島不動産鑑定 北見支社 TEL.0157-36-3271 FAX.0157-36-7440

「お問い合わせ」はこちらをクリック!

————————————————————————————-  
「土地や建物を売りたい・買いたい」の不動産のことから、
  「ちょっとした補修から住宅リノベーション」の住宅リフォーム・新築まで。
  また、中古住宅の「建物状況調査」やフラット35・中古の「適合証明書」の発行、
  不動産の公的評価が必要な場合の「不動産鑑定評価書」の発行まで、対応できます!
————————————————————————————-

※業務案内
Ⅰリフォーム
1 水廻り
2 室内内装
3 屋根、外壁
4 窓、断熱
5 外構(外廻り)
6 リノベーション
7 マンションリフォーム
8 その他
Ⅱ不動産
Ⅲ建物調査
Ⅳ新築工事
Ⅴ住まいの困りごと
Ⅵお知らせ
Ⅶその他